Loading
散骨の流れ

散骨の流れ

お申し込みから散骨まで→御遺骨の預かりから粉骨まで→散骨の流れ

ご遺骨のお預かり

 

大切な方のご遺骨をお預かりします。

選別等

 

お預かりしたご遺骨は、選別作業にて、金属等の異物を除去します。

防腐処理

 

意外と知られていませんが、火葬後のご遺骨からDNAが採取されることが20件に1件の割合であります。
DNAが採取可能と言うことは、病理細胞等も燃焼を免れた可能性を示唆するものです。小麦粉レベルの大きさまでご遺骨を粉骨しますので、万が一、体内に取り込まれた場合、効率よく病理細胞を体内に取り込む危険があり、感染症が懸念されます。
そのため、弊所では、粉骨時には遅腐剤等の特殊な薬剤と一緒に粉砕し、ご自身で散骨を希望されるご遺族様にも安心して扱えるよう、衛生面でも万全を期します。

粉骨処理

 

遅腐剤や還元処理剤と一緒にミキサーにて粉骨した後は、灰色の粉末になります。
←還元処理剤

梱包

 

海洋散骨するために、水溶紙でできた袋に梱包します。なお、掲載画像は3寸のお骨壺のものです。

海洋散骨

粉骨したご遺骨につきましては、お預かりして博多湾に散骨いたします。
なお、ご自身で散骨をご希望される方には、粉骨のみも行っておりますのでご遠慮なくお申し付けください。

散骨

故人との最後のお別れになります。弊社担当者がお預かりしたご遺骨を、船上から散骨を行います。

黙祷

散骨証明書

ご希望の方には、散骨証明書を発行致しますので、お申し付けください。
散骨証明書には散骨ポイントの位置情報が記しております。

PAGE TOP