Loading

ブログ

新時代のバベル。

どうも、スタッフPです。

皆さんは、バベルの塔をご存じでしょうか?

解釈は色々あって、私が好きな話は、

「その昔、人々は言語の違いがなく、1つの種族として団結していました。

そこで、災害や飢饉、病気などがあると、神様の仕業だとして、大きな塔を建てて天界に住む神に挑もうとしました。

それを聞いた神様は人間に怒り、塔を崩し、再び団結しないように人々の言語をバラバラにしました。」

バベルの塔の有名な話なのですが、言語の違いすらファンタジーな要素があって好きです。

さて、近年の言語はいまだバラバラで、国によっては、識字率が低かったりします。

ですが、技術の発展は進んでいます、ネットで翻訳機能を駆使すれば、多少の会話が出来ます。

そこで最近、Googleで開発されている翻訳システムTranslatotronの詳細が明かされました。

電話越しに、通訳と同時に音声も本人と似た声で会話が出来るようです。

話した瞬間から、相手に伝わるまでラグが問題になりそうですね。最近流行りの5Gでどうにかなるのかな?

今後、言語の壁を越えた世界では、人々が団結して何を作るのか。

目指す場所は宇宙か、その先か。

関連記事

  1. 世界は、幸せに満ちている。
  2. バラ科
  3. よくある質問
  4. 新たな取り組み
  5. 年末なんだなぁ…🎄
  6. 散骨と法律
  7. ちょうど1年
  8. お花見
PAGE TOP